事業案内 Business

トップページ事業案内情報通信設備保守管理

情報通信設備保守管理

 鉄道をご利用いただくお客様に、駅構内の安全と質の高いサービスを提供するため、防災監視装置、セキュリティカメラ、列車監視用TV、情報配信装置、自動旅客案内装置等の定期的な診断と最適な保守管理を行っています。

1 防災監視装置
 防災監視装置は、駅事務室の防災管理室に集中管理する監視装置を設け、万一火災等が発生した場合には、お客様の避難誘導及び消火活動を迅速に行う設備です。

2 セキュリティカメラ
 セキュリティカメラは、駅事務室で駅構内のカメラ映像を監視できるとともに、各駅と総合指令所等をネットワークで構成し、総合指令所においてリアルタイムに各駅構内の映像を監視することができる設備です。

3 列車監視用TV
 列車出発時、車掌又は運転士(ワンマン運転路線)が、列車の閉扉操作等において、お客様の動向を確認しながら列車の閉扉操作を安全かつ確実に実施する設備です。

4 情報配信装置
 改札口等に設置した大型ディスプレイにより、列車運行情報、緊急情報、営業情報等の各種情報をビジュアル化して、改札口をご利用いただくお客様が立ち止まることなく情報を提供する設備です。

5 自動旅客案内装置
 ホーム上のお客様に対して、列車の情報(行先、発車時刻)をホーム表示器に文字情報として表示するとともに、自動放送により音声でも情報提供ができる設備です。また、事故等が発生した場合には、ホーム表示器に運行情報を表示します。

  • 情報通信設備保守管理4

    防災管理室

  • 情報通信設備保守管理2

    セキュリティカメラ(ドーム型)

  • 情報通信設備保守管理3

    セキュリティカメラ

  • 情報通信設備保守管理5

    情報配信装置保守点検

  • 情報通信設備保守管理1

    自動旅客案内装置保守点検